クラスで、囚人のジレンマという、面白いビジネス理論を習ったのでご紹介したいと思います。

 

ジレンマとは、

選択肢が2つ以上ある中で、どちらを選ぶのも難しい状況のこと。

 

 

 

囚人Aと囚人Bが捕まり、別々の部屋で尋問されます。

二人は相棒で、様々な犯罪を犯していましたが、とうとう捕まってしまいました。

 

「証拠はある程度揃っているんだ、全て白状しろ。相棒の罪を全て洗いざらい吐けば、お前は無実にしてやる」

 

と、囚人Aと囚人Bは別々の部屋で、同じことを言われます。

 

お互いにその間、意思疎通はできません。

 

この囚人達が取れる行動は二つ。

黙秘か、

相棒を裏切るか。

 

どちらも黙秘をすれば、刑は3年。

仮に囚人Aが、囚人Bの罪を全て話せば、Aは無罪で、Bは10年の刑になります。

しかし、仮にどちらも話せば、二人とも牢屋で刑は5年。

 

このシチュエーションで、起こりうるパターンは4つです。

 

  1. A: 黙秘 B:黙秘    =  AとB: 刑3年
  2. A:裏切り B: 黙秘 = A:無罪 B:刑10年
  3. A:黙秘  B:裏切り = A:刑10年 B:無罪
  4. A:裏切り B:裏切り = AとB: 刑5年

 

黙秘と裏切りを選んだ時に、刑が課されるそれぞれの期待値は

 

黙秘が (3年+10年)/2 = 6.5年

裏切りが(0年+5年)/2 = 2.5年

 

と、

裏切った方が、平均的に刑は軽くなるという結果になってしまいました。

 

このように、
黙秘(つまり協力的戦略)よりも、裏切り(非協力的戦略)の方が合理的な解になっててしまっているというのが、このジレンマです。

 

 

ビジネスなどでもよく見受けられ、特に寡占状態の市場でよく起こります。

 

その市場の中で物価の価格を決め、企業間の価格競争を放棄し、市場全体で利潤を出そうという、カルテルという違法行為があります。

 

これは値下げ合戦でお互いに損をしないようにするためです。

 

簡単に言えば、企業間で打ち合わせをして、高い商品をお客さんに買わせようということです。よって、社会的によくないので、法律で禁止されています。(ですがうんざりするほどやってる企業は多いです)

 

ですが、ここにも囚人のジレンマは存在します。

 

「ならば、そのカルテルを無視して、俺だけ安く売ったら儲かるんじゃないのか」

 

その通りです。

この場合、カルテルを無視して裏切った方が、価格が安くなるので儲かります

 

 

なんかもう、裏切りまくった方がいい気がしてきますよね。笑

 

ならば、そのジレンマを破るためにはどうしたらいいのか。

次の記事に書きます。