今日の驚き

2017/11/12

パートのインハウスデザイナーになって、もう5年ほどなんですが
未だに95%の事務+総合職社員とのギャップに驚かされます。

商品の開発業務の中にいるのですが
もちろん商品が主役でして、パッケージなんかは
色がついてりゃなんでもええよ的な、会社幹部の考え方なので
デザイナーなんて、オペレーターに毛が生えててもできます。
(実際学生バイトでもいいよなーと言われました。)

この5年間
自分に持ってるスキル以上の何かを使った事や、覚えた事が
まったく...ありません。
もうこれは退化ですよね。


しかも、入稿先が中国で、入稿は、常に一方通行。
間に入る通訳や開発担当は印刷の事なんでまーったくわからない。
色校なんて、出たとしても
「なんで、デザイナーに見せる必要があるの?」てなもんです。

そもそも色校が通じません。

 

さらに、元デザイナーの事務員の人に
入稿データ制作には、時間がかかるので
急に入稿は無理ですと話をしていたら、画像なんか
でかいの張っておけば、(イラレ上で)どれだけ縮小してもいいじゃん。と
言われ、久しぶりに身体が震えました。

私は古い兔なので、
イラレ上の画像はできれば100%で張りつけ(埋め込み)
+余分な所はカットして極力小さく。というのは入稿データだと思っていて
今回のこの元デザイナー(自分より年上)の発言には、びっくりしました。

 

世の中は、そんなに進歩しているのだろうか!と
ネットで探してみましたが、確信あるデータが見つからず
割と途方にくれています。

元印刷営業の男性にも、最初から入稿データで作ればイイ!と言われ
乾いた笑いで返したのですが、本気で言っていたのだろうか。

 

前の会社でも、営業の人に
入稿データにするには半日、画像が多い場合は1日は必要です。と
説得したことがあったんですが...。

 

実は、入稿データの画像のはめ変えは、結構速さに自信あります。
もうそんなに画像あるならクオークでやれば?と
言われるのが嫌でねー(笑)

 

だから、5年間入稿データに変換する時の時間が欲しいとは
言わなかったんだけど、さすがに
昼修正>夕方メール入稿で、ミスが起き
せめて半日は下さいと言ったら

写真を貼り直すなんて危ないことするあなたが悪いと逆に言われてしまいました。
(だから大きな画像張っておけと)

 

私は自分でフィルムを出力センターで出し、印刷屋へ持って行く時代の人なので
とにかく、データを軽くしないと...と思ってて
(フィルム出力時間で金額が変わる)

フィルムを印刷会社が出してくれるようになっても
やっぱり、軽く作らないとウチだけで時間かかっちゃあなあ。とも
思ってました。
そもそもイラレ上で拡大縮小は、タブーだと教わって来てて
(ギリで85%〜105%)
3社のデザイン事務所でもそのルールを疑った事はありませんでした。

むしろ、それをしなくていいなら
入稿データなんて誰でも作れる。(そもそも作らなくていい)

どうなんだろう。
印刷会社の方に聞いてみたい。

正しい入稿方法の本、買ってこようかな。