http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20050502-00000032-kyodo_sp-spo.html

どうした!?イタリアのサンガ!?この日はとっても動きがよろしく、いつものようにうんざりしながら見る事もなかった。まぁ、コイントスの段階でサンガの選手とミランの選手の体の作り方がもう、アマ、プロ、って感じだったのは言わない約束で。ひょろいんよサンガ。でもまぁ、まぐれでもなんでも先制したのはサンガ。頼みの綱のミッコリのCKをミランDF腕に当てながら真下へポロリ。滑り込んだ男、頭で押し込む。ど、どうした!?先制してるぞ!!うそくせーーー!!!と叫びつつ、前半は1−0で折り返す。後半、あっという間にちぇんこことシェフチェンコが本当にごくあっさりと決める。今までのはなんだったんだパターン。クイズ番組でおなじみのシーンだね!尚も攻撃の手を緩めないミランは前半どうにもシステムが噛み合ってなかったのを修正すべく、ガンガン人を替え出した。そしてあっという間にちぇんこ勝ち越し弾。しかしイタリアのサンガ、降格掛かってます、頑張るんです。ナカタさんのいないフィオは本当にスムーズに動く。ミッコリ、パッツィーニ、ヨルゲンセンを中心にガンガン攻める。最後の最後でスタミナ負けした感があったが、惜しいチャンスはあった。決めるべき時に決められるか、それが強者との決定的な違いだった。それでもミランだけを見ようと思って見たが、面白い試合だった。昨日のサンガ×アビより全然面白かった。酒飲んでも寝なかったし。しかしミランサポは発煙筒焚かないと応援出来ないのかね。